あまりにも高いのぼりを勧められたこと

「ただいまこちらのデザインをお勧めしておりますが」と、店員さんに声をかけられた私は、向こう側から声をかけてくださるなんて、とても親切な店員さんだなと思いました。これは先日、経営しているコーヒーカフェに新しいのぼりを立てようと思い、それを購入しようと、のぼりの専門ショップに訪れていたときの出来事です。私はこれまで専門ショップでは、2つののぼりを購入したことがあり、そのどちらも2000円程度の既製品を選んでいました。それは、コーヒーカフェの店名を書いたのぼりだけは、オーダー製で価格の高いものを購入していたため、それ以外ののぼりについては、あまりお金をかけたくなかったからです。既製品ののぼりは、2000円程度がだいたいの相場のため、それに合ったものを購入することにしていました。そこで先日も、新しくのぼりを買い換えようと思い、専門ショップに足を運んでいたのですが、そこで私は、初めて嫌な経験をしてしまいました。

それは、相場とはかけ離れたのぼりを勧められたということです。ここからは私の想像になってしまうのですが、きっとこの価格の高いのぼりを勧めてこられた店員さんは、私がそういったのぼりの相場についての知識を持っていないと判断されたのだろうと思います。なぜなら、私の見た目はというと、とても幼く、未だに中学生や高校生に間違われてしまうこともあるくらいだからです。そのため、コーヒーカフェを経営しているオーナーだと言うと、それに必ずと言っていいほど驚かれてしまいます。そんな私の見た目だったからこそ、この高いのぼりを勧められてきたのだと思いました。店員さんが見せてくださったのぼりは、シンプルに「挽き立てコーヒー」と書かれているだけのものだったのですが、たったそれだけで5250円もの価格のするもので、一目見て高いと感じました。

声をかけてくださったときは、その店員さんに対して親切だと感じたのですが、どうやらそれは、私の思い違いだったようです。もちろん、5250円もの価格がするだけあって、そののぼりの質は良いのかもしれませんが、私は不快に感じて仕方ありませんでした。のぼりを購入するにあたって、それが既製品であるか、オーダー製であるかによって、相場というものが変わってはくるものの、きちんと購入する前に調べておくことで、それに失敗してしまうことはないと思います。お店のために、良いのぼりを購入したいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です