テントの中で寝てみる

テントから連想することは多くの方はアウトドアで使うものという認識だと思います。アウトドアブームもあり多くのテントが販売されています。大きさは人数によって変わってきて色合いは緑等の色が主流でしたが今では派手な色もあります。三角の形のものから正方形になったものなど家族連れにも人気があるようです。自然の中で自然の音を聞きながら過ごすという事で休憩所としても寝床としても活躍してくれます。組み立て方法が大変なもののありますので一度出かける前にシュミレーションとして組み立ててみても当日使用する際にスムーズにいく秘訣です。説明書を読んでイメージトレーニングしたとしても実際につくってみないとわからないことも多いです。テントはいくつかのパーツで組み立てられることが多いのでそのパーツをなくさないようにすることも大切です。

 

テントは使用人数に応じて選ぶ

 

アウトドアの醍醐味といえば、自宅以外で自宅内での生活のように過ごすことです。簡単にできるものとしては、バーベキューがあります。手ぶらで行っても材料や道具を貸してくれるところがあるからです。自分たちで食事を作って食べると美味しく感じます。更に外出したいこととしては寝ることです。さすがにそのまま寝るのは問題があるでしょう。そこで利用するものとしてテントがあります。風を避けてくれたり、寒さを封じてくれるものですから、外で寝るときは必ずと言ってもいいほど必要になるものです。では、どのようにして選ぶかですが、第一の基本として、人数が対応しているかになります。大人の人数を基準として、何人用として売られています。一人用から、10人ぐらいまで入れるものがあるでしょうか。通常は5人用ぐらいまでになるでしょう。子供を含めた家族なら3人用から4人用になります。

 

テントにおいて高さをどうするか

 

自動車を利用して宿泊をすることがあります。通常の自動車でもできないことはありませんが、キャンピングカーのようなものもあります。種類にもよりますが、ベッドなども設置することができて、一定の生活ができそうです。ただし、高さには限度があります。それなりの車でないと、高さを確保できません。中で活動するか、寝るだけかになるでしょう。テントを購入するときも、どのような用途で利用するかを考えます。寝るときに使うのが一般的ですから、ネタ状態もしくは上半身を起こしたときに頭がつかなければ良いとすることがあります。一方で、寒いところに行くときは中で色々作業をすることがあります。立って作業をすることもあります。このときに作業がしにくいのは困ります。となると、立ったときに十分な高さがあるかも選ぶときのポイントになってきます。

Blog Home